WordPressのテーマをSTORKからSTORK19に変更しました

スポンサーリンク
スポンサーリンク

このブログで使っていたWordPressテーマ「STORK」がパワーアップして「STORK19」
として新登場したので課金してみました。

WordPressのテーマをSTORKからSTORK19に変更してみた感想

STORK19に変更してみました。変更してみたら1週間ほどでPVがめっちゃ伸びて、収益も倍増しました! みたいな効果は全くないですが新しいものを手に入れた嬉しさでブログの更新頑張るぞとなるのは間違いないので結果的にこれはいい買い物をしました。

というのもブログを継続する要因の一つに自分のブログが好きかどうかってあると思うんです。

  • ブログのデザイン・見た目だったり
  • 思い入れのある記事の内容だったり
  • ブログきっかけのつながりだったり

好きの基準は様々ですが、僕にとって見た目はけっこう重要な要素を担っています。なので気持ちよくブログと向き合えるならテーマに課金しても結果的にプラスになるはずなのでやっぱりいい買い物ですね。

STORKとSTORK19の変更点

見た目はほぼ変わりがないんですが

  • 表示速度が改善されていたり
  • ブロックエディタに対応したり
  • ショートコードが強化されていたり

と中身がけっこう強化されています。

表示速度が速くなった

Google検索のアルゴリズムはウェブサイトの表示速度も重要な一要素と公式発表されていますし、読み込み時間が3秒以上かかると53%が離脱するGoogleが言っているので表示速度が速いのはプラスの要素でしかない。

表示速度よりもコンテンツとは言いますが、目の前にブログの表示速度を早くできるボタンがあればそりゃ全員押します。そういうことです。

画像の遅延読み込み

STORK19の新機能「画像の遅延読み込み」表示速度の改善の大きなポイントが多分これ。

ページを開いた時にスクロールしないと見えない画像に関してはあえて読み込まず、あとで読み込みますよという機能が追加されました。

「LazyLoad」という有名なプラグインのような機能をテーマが標準装備しているので導入する心理的ハードルがめっちゃ下がっていい。

ブロックエディタに対応

ブロックエディタにてSTORK19のショートコードでの文字装飾を簡単に使えるようになっています。

Stork19 03をリストの中から選ぶだけなので楽ですね。

ブロックエディタも便利になってきているようなので一回試してみたいんですが、MarsEditというエディタが最強だし不満がないので僕は現状維持でいいかな。

‎MarsEdit 4
‎MarsEdit 4
Price: Free+

ショートコードの強化

使えるショートコードが増えました。といってもSTORKはシンプルさが売りのテーマなので、他の人気テーマのような「絶対使い切れんやろ」ってぐらい文字装飾のショートコードが増えたわけじゃないです。

旧STORKで使っていたショートコードを改善して今までよりちょっと使い所が増やしてくれたって感じの強化です。

まとめ

個人的には「STORK」から「STORK19」にテーマを変更したことはまったく後悔はなくてむしろ全然アリです。

ですが、多くの方にとって実質的には表示速度の改善が主なパワーアップになっているので旧STORKから乗り換えるほどかと言われると多分そんなことはないので「そのままで大丈夫」とお伝えしておきます。



スポンサーリンク
スポンサーリンク
beelog

コメント